petit

 演劇創作プログラムpetit

本プログラムは終了いたしました。

ありがとうございました。

 これまでの演劇創作プログラムの充実度はそのままに、ワークショップ形式を中心とした、コンパクトなショートバージョンで実施いたします。

 「音楽」「身体」「言葉(演劇)」の3つのプログラムを通して、ふだん何気なくおこなっている他者とのやりとりを意識化し、無限に広がる創作の世界を一つの演劇作品にして発表します。表現することに興味があれば、経験や年齢は問いません(参加無料)。

【公演情報】

<タイトル>

オール・ザット・ジャズ!!

 

<講師>

言葉クラス/構成・演出:大西一郎

音楽クラス/演奏:栗木 健

身体クラス:依田朋子

 

<作・出演>

阿蘇晃司・阿保 希・飯田あさと・伊藤七佳・北井かすみ・kiyo・今野和泉・桜井由美子・関根敬子・曽子結貴・たかちゃん・竹田紫月・藤田さつき・藤原紀香・程島けい子・ムジ・よっちゃん・ラブ/本多一夫(特別出演)

 

<日時>

2022年2月20日(日)15:00開演 ※受付開始・開場は開演の45分前

 

<会場>

北沢タウンホール (東京都世田谷区北沢2-8-18

 

<ご来場に際してのお願い>
① ご来場前に必ずご⾃⾝で検温をお願いいたします。
検温の結果37.5℃以上の(あるいは平熱より⼀度以上⾼い)発熱がある場合や体調に異変を感じる場合にはご来場をお控えください。


② また下記条件に該当する場合もご来場をお控えください。
・過去2週間以内に感染が拡⼤している国・地域等への訪問歴がある場合
・新型コロナウイルス感染者及び疑われる症状を呈していた⽅と、発症2⽇前から隔離開始までの期間に濃厚接触した場合


③ ご来場時・ご観劇時には必ず正しいマスクの着⽤をお願いいたします。マスクは不織布マスクを推奨しております。⿐と⼝を覆い、隙間が出来ないようにご着⽤ください。マスクを着⽤でないお客様のご⼊場はお断りいたします。マウスガード・フェイスシールドのみでのご観劇もお断りいたします。必ずマスクを着⽤くださいませ。なお、マスク着⽤時でも劇場内での会話はお控えいただき、咳エチケットにもご協⼒ください。


④ロビーおよび客席内でのご飲⾷はご遠慮ください。


⑤ロビー・楽屋へのお祝い花、出演者へのプレゼントやお⼿紙等は辞退させていただきます。また、出演者との面会は固くお断りいたします。


<料金>

全席指定/入場無料

2022年2月1日(火)12:00より予約受付開始

・当日券のご用意はございません。ご予約のうえ、ご来場ください。
・ご予約をキャンセルする場合は開演の
3時間前までに必ず<03-3468-0030(本多劇場内 11:00~19:00>へご連絡ください。

・開演10分前を過ぎますと、ご予約が無効となる場合がございます。
・車椅子でご来場のお客様は2月19日(土) までに必ずお電話にてご連絡ください。

【スケジュール】

〈募集期間〉

2021年10月25日(月)〜11月15日(月)  募集終了

 

 〈説明会〉

2021年11月28日(日)  終了

 

 〈ウォームアップ稽古開催日程

2021年12月4日(土)/11日(土)

2022年1月8日(土)/15(土) 終了

計4回  …各日程午後4h程度実施予定

 

〈ワークショップ〉

2022年2月14日(月)〜2月19日(土) 

ウォームアップ稽古/ワークショップ共に「音楽」「身体」「言葉(演劇)」3つのプログラムを同時進行で行います。

 

〈本番〉

2022年2月20日(日)15:00

 

【講師の紹介】

※撮影時のみマスクを外しています

音楽 ▶︎ 栗木 健(写真右)

名古屋市出身横浜在住の打楽器奏者。
仙波清彦に師事。
芝居やドラマ等の楽曲製作も多い。
手作り楽器等を使い、舞台上でナマ効果音を出すスタイルが意外と好評。
呑んで帰るために作った電車で運べるチンドン型ドラムセット、チンドラも結構好評。
多くの仏具楽器を所有しており、その量は自称世界一。
電気あんま機や肩たたき機を使った自動演奏装置開発にも挑戦中。
The Screen Tonesのメンバー

身体 ▶︎ 依田朋子(写真左)

東京都日野市生まれ。
劇団、パティシエを経てダンスに目覚める。
2004年頃からダンスカンパニー、イテビアン ・クルーに参加。
以後、カンパニー外でも踊ったり振付したりしてる。猫好き。

言葉(演劇)▶︎ 大西一郎(写真中央)

演出家・劇作家・まれに役者。1964年神奈川県藤沢市出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒。
ネオゼネレイター・プロジェクト主宰。横浜演劇計画代表。日本演出者協会 理事。
若手演出家コンクール、東日本大震災被災地支援フェニックス・プロジェクト等担当。
横浜市開港150周年記念事業横浜未来演劇人シアターでは製作総指揮。
「市電うどん」等をプロデュースした。
第29回、第30回下北沢演劇祭 演劇創作プログラムBを担当。